初めてのカーリース

カーリース、マイカーローン、残価設定ローンの違い

諸経費が含まれ、メンテナンスもお任せ!手間をかけたくない人にピッタリ

クルマを買う際、支払方法をどうするかがポイントです。一括で代金を支払うほかに、マイカーローン、残価設定ローン(残価設定クレジット)、カーリースと選択肢があります。それぞれどのような特徴があるかチェックしておきましょう。

マイカーローンとカーリースの違い

手元にまとまったお金がなくてもクルマを手に入れる方法として、一般的なのがマイカーローンです。支払方法を月々の分割払いにすることで、1回ごとの支払額を少なくする効果があります。また、頭金を用意できれば毎月の負担額は少なくなります。支払いが完了すればクルマは自分の所有物となります。
しかし、マイカーローンで支払いができるのは車両価格のみ。自動車税や車検費用、自賠責保険料にオイル交換などのメンテナンス費用は別途発生します。そのため特定の月に限って、10万円以上のお金を用意する必要も出てくるのです。

カーリースも月々の分割払いとなり1回ごとの支払額を少なくする点はマイカーローンと同じです。しかし頭金のシステムはなく、契約時に残存価格を設定します。こちらについては、後の残価設定ローン(残価設定クレジット)との違いで詳しく説明します。
マイカーローンでは税金やメンテナンス費用は別に支払いが必要でしたが、カーリースではそれらの費用も分割で支払うイメージとなります。さらにメンテナンスや車検の手続きなど、面倒なことはすべてお任せにできる点が大きな違いです。

残価設定ローン(残価設定クレジット)とカーリースの違い

残存価格(残価)は、将来クルマを売った時にいくらになるかをあらかじめ計算して算出します。クルマの人気や走行距離、車両の程度(エンジン、内外装の汚れ)から、中古車としての売却価格を予想して決定しています。
残価設定ローン(残価設定クレジット)は完済時のクルマの残価を出して、その分を差し引いて返済額を決定する仕組みです。これにより頭金のような効果をもたらし、月々の支払いを安く抑えることができます。
カーリースも同様に残価を設定し、その分を差し引いて返済額を決定します。

両者の大きな違いは、税金や車検費用、メンテナンス費用です。残価設定ローン(残価設定クレジット)では別にお金を用意する必要がありますが、カーリースは最初からその分が含まれており、毎月分割で支払えるのが特徴です。カーリースはまとまった出費をしなくて済むメリットがあります。

カーリース、残価設定ローン(残価設定クレジット)ともに契約完了時に「クルマを清算して返却する」ことが基本となります。ほかに「そのクルマを購入する」「新しいクルマに乗り換える」などの選択がありますが、カーリースは「再リースで継続して乗り続ける」ことも可能となります。

お電話でのお問い合わせ

0800-500-9010

出光オートフラットお問い合わせ窓口

受付時間 10:00~18:00(年中無休)

Webからのお問い合わせ