初めてのカーリース

カーリースとレンタカー、カーシェアリングの違い

カーリースは専用の新車を自由に運転可能
契約中はマイカー同然に使える

カーリース、レンタカー、カーシェアリングに共通しているのは、「クルマを借りて使う」という点。しかし、使用方法や料金、使い勝手という部分では、それぞれに異なります。混同しがちな三者の違いを整理してみましょう。

  カーリース レンタカー カーシェアリング
利用者 ご契約者専用 複数人複数人
利用期間/時間

365日24時間

契約期間中いつでも利用可能

長時間(6時間以上が一般的)

決まった時間内に利用

短時間(15分単位が一般的)

利用者が重なると使えない場合も
利用シーン(例) 好きな時に車に乗りたい方 休日のお出かけなど
一時的な利用に
日常でちょっと乗りたい時に
料金 料金形態 月々支払い 利用時間分を前払い 利用時間・走行距離分を後払い+月会費
ガソリン代 実費負担 利用料金に含まれる
諸税・自賠責保険 リース料金に含まれる レンタル料金に含まれる
車検費用、
定期点検費用
任意保険 別途加入
駐車場の確保 お客様手配 不要

ここが違う!カーリースとレンタカーの借り方、使い方

カーリース、レンタカーを借りる際には、用途に応じて好みの車種やグレードを選別します。カーリースは、契約者の希望の車種を発注し新車が用意されるのに対して、レンタカーは希望の日時にそのクルマがあれば、借りられることになります。なお車種は選べても、新車とは限らず、もし新車を希望するなら別途料金が発生します。
また、ゴールデンウィークや夏休みなど、大勢の人がレンタカーを利用する時期には希望の車種が借りられない、レンタカーの在庫がないといったこともあります。レンタカーは借りる期間を決めて、その期間は自由に使うことができます。ただし繁忙期などは延長が不可能ということもあります。
カーリースは契約を結んだ後は、誰に断ることもなく、いつでも好きなように使うことができます。クルマは駐車場や車庫など自分で用意した場所に駐車し、24時間いつでもマイカーのように使えるのがポイントです。
またナンバーもレンタカーのような「わ」「れ」といったものにはなりません。車検証の所有者欄にはリース会社名が入りますが、使用者は契約者の名前となります。

ここが違う!カーシェアリングの借り方、使い方

カーシェアリングは30分~1時間程度の短時間での利用を主な目的としています。最初に契約し会員となり月会費を支払い、月間のクルマの利用時間に応じて料金が加算されます。
クルマは駅や街中の駐車場に駐車してあり、使いたい時間に希望のクルマを借りて利用します。買物や送迎がメインの目的となるため、車種にこだわって使うというよりは、空いているクルマを使うというのが主流となります。
しかし、天候が悪い時などは利用したい人が重なり、クルマが使えないということもあり得ます。またレンタカーは利用を終えたら都度清掃が入りますが、カーシェアリングはそれがありません。前に使った人のマナーが悪ければ、車内の汚れが目立ったり、ゴミが落ちていたりすることもあります。
ガソリン代はカーリース、レンタカーともにユーザーが負担する必要がありますが、カーシェアリングは契約者が負担する必要はありません。

お電話でのお問い合わせ

0800-500-9010

出光オートフラットお問い合わせ窓口

受付時間 10:00~18:00(年中無休)

Webからのお問い合わせ