カーリースをもっと知る

ディーラーで購入する場合とカーリースの比較

クルマを手に入れようと考えた時、「新車にするか中古車にするか」という選択以外に「カーリース」という選択もあります。手軽でコストが毎月一定にできるというイメージのあるカーリースですが、ディーラーで購入する場合とメリット、デメリットを比べてみましょう。

「カーリース」「ディーラーで購入」の仕組みの違い

 
リース会社
自動車ディーラー
クルマの所有者 リース会社 ユーザー(購入者)
※自動車ローンなどの場合は所有者はローン会社
メリット 頭金が不要
税金・車検・メンテの手間なし
販売会社の選択肢が豊富
クルマのカスタマイズ可能
デメリット 全損事故時、中途解約金が必要
クルマのカスタマイズ不可
税金・車検・メンテの際に
まとまったお金が必要

まずは大前提となる「カーリース」、「ディーラーで購入」の仕組みの違いです。「カーリース」の場合、クルマを借りて使うという仕組みです。そのため、クルマの持ち主はリース会社となります。車検証の所有者欄にはリース会社名、使用者名には契約者の名前が記載されます。「ディーラーで購入」の場合は、現金一括であれば所有者はそのクルマを購入した人の名義となりますが、自動車ローンなどであれば、所有者はローン会社となり、リースと同様車検証の所有者欄にはローン会社が記載されます。

「カーリース」のメリット・デメリット

リース会社

リースの場合、クルマを選ぶ際に、ディーラーを何社も回ったり、値引き交渉したりといった手間は不要になります。ネットなどで好みのクルマの見積もりを取れるので、クルマ選びに余計な手間がかかりません。契約もネットから申し込むことができ、スムーズに完了します。実車を見に行くことも可能ですが、リース会社によっては無店舗型でサービスを提供しているところもあり、見ることができない場合もあります。
また、車両仕入値引きについては、リース会社は大量にクルマを購入するためスケールメリットが発揮され、ユーザーが個人で値引き交渉するよりも、大幅な値引きが期待できます。

メリット

購入時にまとまった頭金は不要です。また契約の中に税金や車検、メンテナンスなどが含まれており、手間、費用面での負担も少なくなります。メンテナンス時期が来るとリース会社から点検の案内が届くので安心です。

デメリット

全損事故などを起こしてしまうと、中途解約金を支払わなければなりません。また自分のクルマではないため、ドレスアップやカスタマイズは基本的にできません。乗り換え・返却時には元の状態に戻す必要があり、その費用についてはお客様が支払うことになります。

「ディーラーで購入」のメリット・デメリット

自動車ディーラー

ご希望のクルマを買いに行くためにディーラーまで足を運ぶ必要があります。複数の候補があれば、何社かディーラーを見て回り、営業マンと値引き交渉などを行います。「1泊2日試乗」などのキャンペーンを利用することもできます。
値引きについては決算期や増税時といったタイミングで、値引きする営業マンもいます。ただ値引き交渉が都度必要となるため、お客様にもテクニックが必要になります。

メリット

ディーラーは何社もあるため、選択肢も豊富です。もし営業マンと相性が合わなければ同じメーカーの違うディーラーを選ぶこともできます。購入後にはクルマが自分の所有物となるので、外装や内装など自分好みにカスタマイズできます。また現金一括での購入はもちろん、ローンの支払いが終われば自分の所有物として手元に残ります。

デメリット

新車購入時には頭金に加え、各種税金などまとまったお金が必要になります。新車であれば3年後、以降は2年ごとに車検費用が発生します。ほかに定期点検整備、オイル交換、タイヤ交換、バッテリー交換などのランニングコスト、などが都度発生し負担が増えます。新車購入であれば故障修理についてメーカー保証がついていますが、保証が切れた後は自費でまかなうか、追加料金を支払って延長保証を得るか、判断する必要があります。