法人用お申込窓口

FAX 03-4288-0311

(24時間受付)

ディーラーで購入する場合とカーリースの比較

クルマを手に入れようと考えた時、「新車にするか中古車にするか」という選択以外に「カーリース」という選択もあります。
手軽でコストが毎月一定にできるというイメージのあるカーリースですが、ディーラーで購入する場合とメリット、デメリットを比べてみましょう。

「カーリース」「ディーラーで購入」の仕組みの違い

まずは大前提となる「カーリース」、「ディーラーで購入」の仕組みの違いです。「カーリース」の場合、クルマを借りて使うという仕組みです。
そのため、クルマの持ち主はリース会社となります。車検証の所有者欄にはリース会社名、使用者名には契約者の名前が記載されます。
「ディーラーで購入」の場合は、現金一括であれば所有者はそのクルマを購入した人の名義となりますが、
自動車ローンなどであれば、所有者はローン会社となり、リースと同様車検証の所有者欄にはローン会社が記載されます。

 

リース会社

リース会社

自動車ディーラー

自動車ディーラー
クルマの所有者 リース会社 ユーザー(購入者)
※自動車ローンなどの場合は所有者はローン会社
メリット 頭金が不要
税金・車検・メンテの手間なし
販売会社の選択肢が豊富
クルマのカスタマイズ可能
デメリット 全損事故時、中途解約金が必要
クルマのカスタマイズ不可
税金・車検・メンテの際に
まとまったお金が必要

「カーリース」のメリット・デメリット

リースの場合、クルマを選ぶ際に、ディーラーを何社も回ったり、値引き交渉したりといった手間は不要になります。
ネットなどで好みのクルマの見積もりを取れるので、クルマ選びに余計な手間がかかりません。
契約もネットから申し込むことができ、スムーズに完了します。実車を見に行くことも可能ですが、
リース会社によっては無店舗型でサービスを提供しているところもあり、見ることができない場合もあります。
また、車両仕入値引きについては、リース会社は大量にクルマを購入するためスケールメリットが発揮され、
ユーザーが個人で値引き交渉するよりも、おトクなリース価格をご提示できます。

「ディーラーで購入」のメリット・デメリット

ご希望のクルマを買いに行くためにディーラーまで足を運ぶ必要があります。
複数の候補があれば、何社かディーラーを見て回り、営業マンと値引き交渉などを行います。
ただ値引き交渉は、お客様にもテクニックが必要になります。

  • [お得な情報満載] キャンペーン情報
  • コラム・特集
  • Web限定 特選車
  • よくあるご質問
  • 法人向けカーリース “らく楽リース”オートフラットBiz
  • プランご契約
ページトップへ