カーリースをもっと知る

カーリースと保険~自動車保険(任意保険)を要確認~

一般的なカーリースの場合、自賠責保険もリース契約に含まれています。しかし自賠責保険は、あくまで「けがをさせた相手への補償」が目的であり、自分のけがやクルマの補償はありません。しかも相手への補償は限られてしまいます。購入方法に係らず自動車保険(任意保険)への加入をおすすめします。

自賠責保険(強制保険):けがをさせた相手への補償 自動車保険(任意保険):自分で選択が可能

自賠責保険の内容

自賠責保険は強制保険であり、加入していないと公道を走ることはできません。自賠責保険は被害者の救済を目的としていますが、保険金額はあくまで最低限のものです。

【保険内容】けがをさせた相手のみ補償
死亡時 3,000万円
後遺障害時 最高4,000万円
傷害 120万円

昨今の事故では賠償額が1億円を超えることも珍しくなく、自賠責保険だけでは賠償金が不足してしまう可能性があります。また自分のけがやクルマの補償は一切ないため、自賠責保険のみだと万全とはいえません。

自動車保険(任意保険)の内容

自動車保険(任意保険)とは、自分で選んで加入する保険です。基本的に1年契約で、保険の内容や保険金額も自分で変更することができます。

【保険の内容】※金額は一例
対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
人身傷害保険 3,000万円
搭乗者傷害保険 1,000万円
自損事故保険 1,500万円
無保険車傷害保険 2億円
車両保険 150万円

保険の内容のうち、対人賠償、対物賠償は相手方(被害者)への補償となります。それ以外は自分や同乗者、家族の補償となります。車両保険は市場価格に合わせて金額を設定することが多く、年々変更されます。

カーリースにも任意保険は必須

カーリースの月々の料金には任意保険料は含まれていません。しかし、万一のことを考えると任意保険への加入は必須といえるでしょう。「自分は運転に自信があるので事故を起こさない」と思っていても、駐車場での当て逃げや避けようのない事故に巻き込まれる可能性もあります。

万一のクルマを補償する車両保険

カーリースを利用する上で特に重要なのが車両保険です。万一の事故に備えが必要です。
例えば「中途解約金」です。全損時や盗難時、リース契約を中途解約するため、契約者は中途解約金(残リース料+「残価-未経過費用)を一括で支払う必要があります。
万一に備え、フルカバーの車両保険をおすすめします。