カーリースをもっと知る

クルマの消耗部品~交換時期と費用の目安~

クルマを使用するうえで、ランニングコストの管理が必要になります。ランニングコストは、ガソリン代に加え、駐車場費用、保険、車検費用などが主に発生してきます。そして、忘れてはいけないのが消耗品です。主要な消耗品について、3年以内でメンテナンス、交換が必要なものをピックアップしました。

エンジンオイルは6ヶ月を目安に、走行距離でも判断

【交換目安】5,000km(おおよそ 6ヶ月間)

エンジンオイルは、エンジン内部に発生するスラッジなどの汚れを洗浄します。古いオイルを使い続けると最悪の場合、エンジンが焼きつくなどのトラブルが発生します。

オイルエレメント(オイルフィルター)はエンジンオイル交換に準じる

【交換目安】10,000kmまたは1年

オイルエレメント(オイルフィルター)は、エンジンオイルに含まれる不純物を取り除き、エンジンの働きを円滑にする役割があります。中にろ過するためのろ紙などが入っており、定期的な交換が必要です。

ブレーキオイルは車検時の交換がベスト

【交換目安】新車時は3年、以降は2年ごと

ブレーキオイルが劣化してくると、山道などでブレーキを多用した際に過熱によってブレーキが利かなくなるケースもあり、最悪の場合は事故に至ります。2年ごと(新車時は3年)の交換をおすすめします。

バッテリーは車検時の交換がベスト

【交換目安】新車時は3年、以降は2年ごと

バッテリーが寿命を迎えるとバッテリー上がりが起こり、エンジンがかけられなくなります。自動車のメンテナンスでは実は最も多いトラブルです。一般的には2~3年が寿命といわれていますが、交換時期の目安だけを頼りにせず、ディーラーやサービスステーションなどで、定期的にチェックしておきましょう。

お電話でのお問い合わせ

0800-500-9010

出光オートフラットお問い合わせ窓口

受付時間 10:00~18:00(年中無休)

Webからのお問い合わせ