カーリースをもっと知る

リース車を傷つけてしまったら?査定への影響や修理手続き

大前提としてリース車両所有者はリース会社です。そのため、自分のクルマのように「少しぐらいの傷なら気にしないで乗る」といったことはできず、修理が必要となります。事故時の対応、修理手続き、査定などの影響について知っておきましょう。

事故の種類を問わず、傷がついたらまずは警察へ

クルマに傷がついた場合、単独事故、相手のいる事故、または駐車場で何者かにイタズラされた、盗難に遭った…などすべてのケースで警察、保険会社への連絡が必要となります。これは事故の大小に関わらず、任意保険を使って修理を行うためです。もちろんご自身の費用で修理することも可能ですが、後々のトラブルを避ける意味でも警察への連絡は必須となります。

修理について

修理を行う際、修理の依頼先にも注意が必要です。自動車保険契約によっては「修理工場は指定工場限定」となるケースがあります。修理先は指定工場限定であるにも関わらず、契約者が勝手に別の工場で修理を行ってしまうと、契約違反となり、追加料金が発生する可能性もあります。

自動車保険の必要性

自動車保険には強制加入の自賠責保険と、任意保険があります。自分のクルマを修理できるのは、任意保険でカバーできる車両保険だけです。カーリースの場合、車両保険への加入をおすすめします。自分で保険会社と契約する方法もありますが、リース車専用の保険特約や、販売店がご提案する保険商品もおすすめです。

気になる査定は…?

内装・外装の汚れやキズ、事故による損傷があれば、査定額に影響する可能性があります。つまり、追加の精算金が発生する可能性が高くなります。

車体に傷がついたら、関係各所へ連絡した後、原状回復することが必要です。

お電話でのお問い合わせ

0800-500-9010

出光オートフラットお問い合わせ窓口

受付時間 10:00~18:00(年中無休)

Webからのお問い合わせ