初めてのカーリース

カーリースのメリット・デメリット

車検や税金などの諸費用コミの毎月定額で新車に乗れる
ただし、契約満了までトータルの支払額が見えない可能性も

「月々3万円で人気の新車に乗れる」、こんなカーリースの広告を目にする機会があります。クルマの購入や乗り換えを考えている人にとって、とても魅力的ですが、まずはメリット、デメリットを確認しておきましょう。

カーリースのメリット

月々のコスト管理がしやすい

クルマを購入する際、必要になるのはクルマの購入費用だけではありません。自動車税、重量税、自賠責保険料なども支払うことになります。これらのコストは購入時や車検時期などに一気にのしかかってくるため、仮にいつもは月々5万円のローン支払いで済んでいても、車種によっては20万円近くまで支払いが増える月も出てきます。カーリースではそれらの費用が含まれ、毎月一定で支払うので急な出費にあわてることはなくなります。

マイカーローンの場合
カーリースの場合

車検やメンテナンスをお任せ!

車検時期になると業者を選んで依頼したり、手続きしたりといった作業が必要になります。これは意外に面倒なもの。カーリース契約には車検費用が印紙代も含めてすべて含まれています。また車検だけではなく、整備や法定点検、オイル交換などについても、追加費用を支払うことなくサービスを受けられます。リース契約内容によってはタイヤ交換やバッテリー交換まで含まれます。日々のメンテナンスをお任せできるのは心強いところです。

契約期間やグレードなど自由度が高い

リース契約時にメーカーや車種を選ぶことはもちろん、カラーやグレード、カーナビなどを選択することができます。ナンバーはレンタカーのような「わ」ナンバーではなく通常のナンバーとなり、図柄入りご当地ナンバーやオリンピックナンバーを選択することも可能です。契約期間は3年から5年、7年、9年などから選択できます。契約期間終了後は「新しいクルマに乗り換える」、「再リースで継続して利用する」、「購入する」、「精算して返却」と選択は自由。意外なほど自由度が高いのが特徴です。

カーリースのデメリット

トータルコストはあくまでも目安

カーリースでは、リース終了時の車両売却価格を予測して契約しています。数年後に車両を売った際の金額を予測して、その金額を頭金の代わりに支払いから免除することで、月々の支払額を低く抑えているのです。これを残価設定といい、契約満了時には残価を車両で精算するのが一般的です。
しかし、車体の傷や汚れなどで車両売却価格が残価に満たなければ、不足分を現金で支払う必要があります。また車両売却価格はあくまで予測であり、契約満了時に市場価格がいくらになっているかは不明です。そのため最初に見えているトータルのコストはあくまで目安であり、後々精算の可能性があるのです。

車体は最初と同じ状態で契約完了が基本

事故による破損、車体のこすり傷、車内の汚れ、これらはすべて残価の減額対象となります。また契約時とは違った社外オーディオを取り付ける、改造といった行為は一切禁止され、車両のドレスアップは認められません。会社によっては利用規約違反として違約金を請求されることもあります。一部の会社では現状復帰を条件に認めるケースもありますが、確認が必要です。

走行距離に注意が必要

契約時にはリース期間の走行距離を最初に決定します。例えば月間走行距離500kmといった具合ですが、もし超過してしまうと、超過した距離に応じて追加料金を支払うケースがあります。あまり遠出が続くと、走行距離を超えてしまう可能性が出てきます。そのため走行距離に注意が必要になってきます。

お電話でのお問い合わせ

0800-500-9010

出光オートフラットお問い合わせ窓口

受付時間 10:00~18:00(年中無休)

Webからのお問い合わせ